2018年5月13日日曜日

甲骨文字の「犬」の成立ち。象形文字


漢字「犬」の起源と由来

「犬」は、干支の「戌」とは全く関係がない
  来年の干支は、戌年だ。ここで取り上げた「犬」は、干支の「戌」とは全く関係のない、正真正銘の動物の「犬」だ。
 今では干支の「犬」もこの動物の犬を当てるが、本来干支の字と動物の犬ではそもそも起源が全く異なる。干支の「戌」の起源は別に譲るとして、ここではしばし、動物の戌の起源と由来について、話を進める。


引用:「汉字密码」(P026、唐汉著,学林出版社)
象形文字の「犬」は、輪郭の特徴をとらえた造字法
 象形文字の「犬」は、輪郭の特徴をとらえた造字法である。

 「犬」の字は象形文字である。2500年以上も前、孔子は「犬」字を見た後、少し感心した感じで、「犬の字は『狗』の絵の様だ。」といったという。


 明らかに犬の字は牛や羊のように、若干抽象的でかつ印象的な造字方法とは異なり、比較的忠実に特徴をとらえた線で輪郭を取る象形文字の造字法である。
 この方法ではしっかりと犬の外形的特徴をつかんでいる。体は細く、長い尾は巻いている。先民が犬を縦長に立てた状態で描いている。

 「犬」は中国語の発音は、Quan(チュアン)と発音するが、これは犬の子の鳴き声の「きゃんきゃん」というところから来ている。これは犬の発音は子犬の擬声語から来ている。 この説明は跡付けのような気がする。少し出来すぎではないだろうか。

 観察上字形を考えると、我々は犬の字を横から見た風に書くのが、実際の状態により忠実に対応できるのが分かる。しかしこれは漢字を横に狭く縦に長く書くという縦書きの特徴に適応したためで、3300年以前のはるか昔から先民は字を縦長に立てた状態で描いたものだ。

 甲骨文字の犬の字は適宜変化し、今日の犬の字の楷書になっている。厳格に言えば、今日の「犬」の字は一種の文字符号であるが、それは依然として象形文字である。

「字統」(白川静、平凡社)によると

象形文字、金文では、「員鼎」に「犬を執らしむ」とあり、近出の中山王墓には金銀の首輪をはめられた2犬が埋められていた。しかし、犬は犠牲とされることが多く、器物を犠牲の地で清めて用いられたとこから、「器、就」となる。

 と説明されている。

 また日本の話ではあるが、2018年5月13日付けの毎日新聞に「縄文の犬は人間と一心同体」と題し、愛媛県の「上黒岩岩陰(かみくろいわいわかげ)遺跡」~出土した日本最古の犬の埋葬の鑑定から、当時縄文時代(放射性炭素による年代測定で7400~7200年前(縄文時代早期末~前期初頭)と判明し、改めて最古と確認された)は犬は人間と共に狩をし、共に食事をし、大切にされ、最後は手厚く葬られたであろうと考えられている。




編集後記
犬と猫は歴史的に見れば、最も長く人間と共に苦楽をしてきた動物と評価されている。しかし、犬と猫では人間とのかかわりがだいぶ違っているようである。猫は愛玩や癒しで関わってきたのに対し、犬は猟犬や番犬として、労役を共にしてきている。その分漢字でも犬の方が猫よりもはるかに多くの数を占めている。

「漢字の起源と成り立ち 『甲骨文字の秘密』」のホームページのホームページに戻ります。

0 件のコメント:

コメントを投稿