2018年3月13日火曜日

漢字「鼠」の由来と成り立ち:鼠のデッサンそのまま


漢字「鼠」の起源と由来
 2018年3月大変なことが日本の政治の上で起こっている。国の根幹を揺るがす一大疑獄になっている。「公文書」が改竄され、その改竄された文書を元に、国会で答弁がなされ、討議が一年間も行われたことになる。
 公文書の改竄という犯罪行為がなぜ行われたのか。
 私は結論を言うと、この近畿財務局の下級官僚が、本省・行政府にたて突いた、「窮鼠猫を咬む」 という行動の結果ではないかとすら思えてくる。
 もともとなぜ疑惑がすぐにでもわかる文書を残したのか。私には、自分の意に反する汚い仕事をやらされた官僚たちが、「この汚い仕事は決して自分の意志でやったのではないのですよ。いろいろの口利きがあり、忖度があり、圧力がありの中で処理せざるを得なかった。それならば、できるだけ克明にいろいろの圧力を残そうと、公文書に書く必要のない事項まで公文書に残した」というのが真相ではないかと思われる。

引用:「汉字密码」(P92、唐汉著,学林出版社)


「鼠」の成り立ちと由来
「鼠」は俗称「老鼠」という。また「耗子」ともいう。今日常々見かけるそれほど多くない動物だ。この種の小動物は尾は長く、門歯は特に発達していて、大変強い適応能力を持っている。図に見えるごとく、甲骨文字の「鼠」は横から見た図形で、頭の上の小さな点は鼠が食べたものの食べかすを表している。また古文中の小の字とも見える。 明らかに鼠の特徴であろう。金文と小篆の鼠は突出して歯をむき出した鼠の頭を表している。
 げっ歯類動物の特徴は余すところなく一覧で表現されている。


「漢字の起源と成り立ち 『甲骨文字の秘密』」のホームページのホームページに戻ります。

0 件のコメント:

コメントを投稿