2012年3月5日月曜日

女の漢字:妊

「妊」:説文では「孕」なりと説明がある。「壬」は貫くという意味で、
女性が最初の性交を通して若妻になることを示している

「妊」これは会意及び形声文字である。説文では「妊」即ち孕むことなりと云っている。
  女と壬から成り立ち、壬は声調を表す。

  図に示すように甲骨文字の任は右辺は女で左は「工」に似た「壬」である。「壬」は上古時代は、専ら針の意味を持っていた。

  このことから貫き通す、通過の意味である。女性が最初の性的接触を経て、若妻になったことを表示していると考える。

  金文の「妊」の字は左辺の「工」の字の中に一点が加わっている。小篆はこの点が長くなり今日の楷書になった。

  因みに白川博士はこの「工」という字を呪具で、古代では巫女や卜時に使っていたと推測している。これを呪具と見るか針のような工具とみるかは、文字学観にも係わる非常に重要な問題だと思う。

  女子と男子の交わりは受胎妊娠となる。為に妊の字は女性の懐妊を表している。即ち妊娠で妊の字は現代漢語では、この意味で使われ続けている。
 

「漢字の起源と由来ホームページ」に戻ります。

0 件のコメント:

コメントを投稿